水道工事業者を選ぶ水道局指定工事店

自治体単位で認可を受けることは、水道工事で重要な意味を持ってきます。認可を受けていないところに施工をさせると、不利益を被ることも出てくるのですから、十分に注意していかなければいけません。技術という点でも安心できるようになっているため、仕組みを考えてみるべきでしょう。

■一定水準を満たさなければ認可されない

水道局指定工事店とは、一定水準の技術を持った給水設備工事主任技術者がいて、機材も保有していることによって認可を受けた事業者であるといえます。この認可を受けたところであれば、少なくとも一定水準を超えていると考えられるでしょう。
逆に認可を受けていないところは、何か問題があることを意味しています。選ぶ基準の最初としては、わかりやすい部分となってくるのは間違いありません。特に悪徳業者は認可を受けるのが難しくなるのですから、大きな判断材料となるでしょう。

■水道局が苦情の窓口にも

認可を受けるというのは、簡単なことではありません。そして、認可は取り消される可能性もあるところがポイントです。トラブルを起こしたり、条例に反したりすることがあれば、そのまま取り消しになってしまいます。つまり、永遠と続くものではないといえるでしょう。
もうひとつの点として、何かトラブルがあったときには、水道局が窓口になって苦情を受けるというところにあります。安心して任せられる仕組みですが、水道局も責任を持って認可を与えていることがわかるでしょう。工事を依頼するのであれば、認可を得ていないところには依頼しないというのが基準となってくるのは間違いありません。

■まとめ
水道局の認可は非常に重要な意味を持ってきます。認可外のところは使わないようにするだけでも、ぼったくりにあったりすることが少なくなるでしょう。せっかくの仕組みがあるのですから、有効に使っていくべきです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ