凍結して破損したときの水道工事

季節によって、水道に大きな変化が出てくることがあります。これが大きなダメージとなり、工事をして復旧させる必要が出ることも出てくるでしょう。交換しなければいけないときには、かなり大きな工事になることも出てきます。

■屋外配管が凍結して破損

水道管が破裂するというと、にわかに信じられないこともあるはずです。ところが、そこまで珍しいことではありません。そのひとつが、配管の凍結です。水道管には水が通っています。
流れている間は凍結する可能性が下がりますが、水が止まってしまうとそのまま凍ってしまう可能性が高まることは知られているはずです。これが配管の中でも起きます。水は凍結すると、体積が膨張します。配管の中で退席膨張が起こると、配管が耐えられる範囲を超えた時に、破損することになるでしょう。



■お湯をかけたりするのは危険

宅内は別としても、水道管は土の中にあるため、凍結しにくいのは確かです。ですが、絶対ではありません。一般的には溶けるのを待てば問題はありませんが、中には配管自体も劣化させ、大きな水漏れになってしまうことがあります。そうなると、大規模な工事になってしまうでしょう。もっともやってはいけないことは、体積変化を急激に与えることです。
水が出ないからといって、熱湯をかけたりすれば、丈夫な配管でも破損してしまう可能性が出てきます。浴室などは、もともと冷えにくいこともあって問題はありません。室内に関しても、暖房がつけられれば問題はないでしょう。しかし、屋外の配管はそうはいかないため、凍結して破損する可能性が出てくるといえます。

■まとめ
外部の配管は、暖めるわけにはいきません。ほんの少しだけ水を流して対処するといった方法もあります。工事をして、断熱材をしっかりとまき、日本の温度変化で凍らないようにするというのが一番でしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ